健康とお茶


『お茶』とはツバキ科の常緑低木の木で、それを煎じて飲むものを『お茶』といいます。 現在は『茶』という言葉を日常飲んで良い飲み物として捕らえている方が多いいようです。

『健康茶』と言う言葉をよく耳にしたり雑誌などにも取り上げられていますが、皆さんはどんな人が飲むお茶だと思いますか。

なんとなく身体に良いのでは、とか何が良いの分からないけど人に進められたから飲んでいると言う人も多いいと思います。

健康な人がより健康になる為、それとも何処か身体が悪い人が良くなる為に飲むお茶又は、美味しいから飲むお茶・・・・。

『健康茶』と呼ばれている物の中には漢方として古くから使われているものもあります。漢方は四六時中飲んでいいような物はないはずです、朝晩に飲みなさいなど処方箋があるはずです。風邪の予防のために風邪薬を飲み続ける人はいません。健康茶といわれるものの中にも毎日飲んで良いものとわるいものがあるようです。健康のために飲んでいるはずが逆に身体を害していることもあるかもしれません。

『健康茶』には、隠されている言葉があります。
それは、「健康」でない人が飲む「茶」という事です。
すべてではありませんが、そう思ったほうがいいようです。

歴史と伝統のある日本茶、もう一度見直してみませんか。

最後に、《健康》とは何でしょう、朝の目覚めがよく、お通じもいい食事も美味しく食べられるし、夜もグッスリ眠ることが出来る・・・。最高の一日ですね。こんな日が毎日続いたら健康がなんて考えませんね。でも、それが最高の健康ではないでしょうか。そのためにはバランスの取れた食生活、適度な運動が大事です。そして一杯のお茶が気持ちをリラックスさせてくれればよいのではないでしょうか。
お茶は日常の健康を維持する為のサプリメントと思ってください。100%以上の健康はありません。